国内移動に苦労する

アメリカで仕事をしていた時に1番苦労したのは時間の管理でした。私はニューヨークで留学エージェントの仕事をしていましたが、アメリカの国内には数多くの支店を持っていたので、その支店と連絡を取ることも多かったです。

 

この時に、どうしても忘れてしまっていたのが国内にも時差があるということです。日本の国内で時差を意識することはありませんが、アメリカでは国内にも時差があり、端から端まで移動すると4時間程度の時差が生まれることになります。これにさらにサマータイムが加わってくると、時間の指定をしていくのがとても大変でした。このためアメリカで仕事をしているときには、常にスマートフォンに4つの時計を出してどこが何時なのかと言うのをしっかりとわかるように把握して仕事をしていました。

 

国内を移動する時にも時差があり、月に1回程度あった国内出張のときには、常に時差を意識しながら移動しなければいけないと言う時間管理の難しさを感じたのがアメリカでの仕事でした。