アメリカ留学で気が抜けなかった理由は…

アメリカ留学での地味ですけれど、ハプニングと言えば「トイレでノックしないこと」です。私はホームステイを選んで大学の単位交換プログラムでサンフランシスコにアメリカ留学をしたのですが、ホストファミリーに悪気はないのでしょうけれど、「誰かが入っている」ということを確認せずにドアを開けるのですよね。

 

いや、鍵をかけ忘れた私が悪いのはわかるのですが。それに家だと鍵をかけないのもわかるのですが、でもゲストがいる間ぐらい、トイレに入っているかどうか気配があればノックしてよと思いました。鍵をかけない人たちですから、私はノックするようにしていたのですが、あちらはノックしてくれませんし。

 

また、部屋にいるときも同様なんです。ノックせずに部屋のドアを開けてくるのですよね。さすがに大人は毎度ノックないし声かけしないわけではないのですが、子供は遠慮なしに「ヘーイ!」ですからね。そして部屋にいるとしょっちゅうやってきてくれます。

 

などと言いますと、ストレスのたまるアメリカ留学であったかのような印象を与えるかもしれませんが、トータルでは楽しかったのです。ただ、ドアをノックすることをしないので、なんとなくいつも気が抜けなかったなーと思います。ゲストではなくファミリー感覚だからでしょうね。ありがたいですが。